おそらく週末あたりに主に音楽について書くことがあるかもしれないブログ。

①おそらく週末あたりに ②主に音楽について ③書くことがあるかもしれない ④ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コンサート・フォー・ジョージ(その2)

(つづき)
1ヶ月ブログ放置してましたー。
で、なんだ。ジョージ(庭師)の作品の素晴らしさについて。

この追悼コンサートは本人が他界している以上、必然的に大カバー祭りになっているのですが
「他のミュージシャンにカバーされた時のジョージ(庭師)の作品の説得力」て、
本人が歌った時以上に、強く感じられる気がする。

こー言ってもジョージ(庭師)に失礼トハ思ワナイ。
なぜならあの人は、自分でもそう思っているに違いないので(^^;。

作者本人の歌唱には、正直なところ、一種イマイチな面があることは否めないんですよ!

ただし、もちろん、そこにこそ独特の魅力があるんだぜ。
それに、活動時期によって声質やベクトルに一定範囲の変化がある。
だから一概には言えないけれども、しかし
「わたしは一介のミュージシャンに過ぎない」
と本人の言のとおり、
少なくとも、「ボーカリスト」の看板を掲げて商売やってた人ではありませんし。

だけどカバーでは、基本的にボーカルに引っかかりがない分
曲自体の完成度が際立つ気がするのよね…
例えば遺作とも言える「Horse To The Water」の、
サム・ブラウンによるカバーあたりに一番それを感じます。
パワフルで、ジョージ(庭師)の作じゃないみたいだ。
曲自体は非常にオッサン臭いんだけどさ。オッサンなので、好き。
あとは、ポール・マッカートニーによる「For You Blue」も
「Let It Be」のバージョンしか知らない自分にとっては
これってこういう曲だったのね!て感じの演奏だった。

それにしてもどの曲もまたどの曲も
演奏者のなんと楽しそうなことよ。
観客の表情もいいんだ。
こうやって、(自分の追悼の場ですら!)その音楽で人を笑顔にできる。
本当にすばらしい「一介のミュージシャン」じゃないですか。

音楽やってる人ならね。見てると
自分もその場に居合わせたいと思えること必至の、ライブ記録です。

なんか考えてみたら、このコンサートのDVDって
実はジョージ(庭師)作品への、入門編的なものとしても
持ってこいかも。とも今思った。お勧めです。
コンサート・フォー・ジョージ [DVD]コンサート・フォー・ジョージ [DVD]
(2003/11/19)
ジョー・ブラウンエリック・クラプトン

商品詳細を見る

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。