おそらく週末あたりに主に音楽について書くことがあるかもしれないブログ。

①おそらく週末あたりに ②主に音楽について ③書くことがあるかもしれない ④ブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

blurを聞いている

ここ1ヶ月ほどまた(というか初めてしっかりと)ブラーを聞いてみたいという
個人的な風潮になってきたところで、デビュー21周年(エゲレスの成人は21歳らしい)
を記念するBOXセットが最近出ていた、ので勢いで買ってしまった。
BLUR 21 BOX(完全初回生産限定盤)BLUR 21 BOX(完全初回生産限定盤)
(2012/08/01)
BLUR

商品詳細を見る

今尼見たらまた何千円も安くなっていたバーロー。
馬鹿ねプププ。って言われるけど分かっているのさ。
でも後悔はしない。

ブラーは3rd、5th、6th、7thしか聞いたことがなかった上に
5thの後半以降はこれまでは全然理解不能だったのですが、
改めて聞くとなかなかいい曲がたくさんあることに気づきました。
おかげで毎日が楽しい。

ネットで評判をさがしたら、人によって最高傑作がバラバラで笑った。
まあなるほどアルバム1枚ごとに全然違うので(特に5th以降)
無理もないですなあ。
今のお気に入りはThink Tank。

スポンサーサイト

PageTop

Something

自分が好きなビートル歌って何だろうと思って曲のリストを見ていたところ
一番好きなのはSomethingだということが判明しました。

好きな50曲をそれとなく好きな順らしきものを付けて並べてみたら。

Something
Rain
Here,There And Everywhere
Dear Prudence
Old Brown Shoe
Help!
I'm Only Sleeping
Yer Blues
Sexy Sadie
Blackbird
She Said,She Said
And Your Bird Can Sing
Let It Be
I Saw Her Standing There
You're Going To Lose That Girl
I Want To Tell You
I Need You
Love You To
Back In The U.S.S.R.
Helter Skelter
A Day In The Life
Come Together
Here Comes The Sun
Get Back
For No One
Don't Let Me Down
Revolution 1
Happiness Is A Warm Gun
Taxman
Within You Without You
Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
Two Of Us
Dig A Pony
Hey Jude
While My Guitar Gently Weeps
Drive My Car
Across The Universe
I Want To Hold Your Hand
She Loves You
Getting Better
She's Leaving Home
Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey
Good Morning,Good Morning
Twist And Shout
This Boy
I Feel Fine
Only A Northern Song
Strawberry Fields Forever
Hello Goodbye
I Am The Walrus

だいたいこんなものかなと思われました。
もちろんある曲の前後10曲ぐらいの範囲では順序はあってないようなものでもあり
「でもこの曲よりはこっちのが好きだわ」と明らかでもあったり。

Somethingについていえば、個人的には完全無欠な曲だわ。て思います庭師!

PageTop

across the universe

いつまでたっても暑いので、とんちんかんな事を書くよ!(いつもだが)

以前から妄想してることだけど
ビートルズ(じょん)の曲、across the universeの"universe"は、もちろん
表面的には「宇宙」とかそういう意味なんだろうけど、
"uni-verse"
で「たったひとつのヴァース(詩句)」ていう意味もあるんじゃないの!?

すみませんワタシ英語ワカリマセン。

なんかねー個人的にはどうも「言葉があふれて宇宙を駆け巡る」とか
陳腐に思われてたまらん。
ジョンはこの曲について歌詞(詩)が上出来!と思っているらしいのだが
あの人って
「言葉があふれて宇宙を駆け巡る」←こんなの好きそうな人じゃないじゃん。

ワタシの妄想では、この曲は芸術賛歌だと思う。
というか自分自身から生まれてくる詩と、それを生み出す自分を歌ったものでは
ないかと思います。
妄想おわり。

ちなみにこの曲が松尾芭蕉と関係あるって言い出したのは誰?
出所が分からないので怪しい情報だと思ってんですが、
もし本当なら、俳句ってまさにuni-verseなポエムですよね…と妄想は続く…

PageTop

Here Comes the Sun

ジョージ(庭師)の作品の中では実はそんなに好きな曲ではなかったりする。
特にビートルズ版(アビイ・ロード収録の)はアレンジが全く好きくない。
ジョージ(庭師)自演で一番好きなのは、ポール・祭文と二人で弾き語ったバージョンですね。
あれはもともと、ああいう曲なのだと思う。

ところでこのほど、この曲の3番の歌詞のうち、「little darling I feel..」
の続きの部分をずっと間違えて覚えていたことが判明しました。

「I feel "like" ice is slowly melting」だと思ってたのよね。

で、家にある雑多な資料を調べてみたら面白いことが分かりました。
「アビイ・ロード」「バングラ」の歌詞カード、ビートルズの歌詞本、バンドスコアは
「I feel "that" ice is slowly melting」
「ライヴ・イン・ジャパン」の歌詞カード、ジョージ(庭師)の自伝?「I ME MINE」は
「I feel "the" ice is slowly melting」
となっていたのです。

では本人はなんて歌ってんのよ!というわけで聞いてみました。
「アビイ・ロード」では"that"
「バングラ」「ライヴ・イン・ジャパン」「祭文との弾き語り」では"the"
と歌っているようです。(後者は母音の前なので「ズィ」ってなってる)

まあ、どっちでもいいんですかねー。
庭師はライヴでは適当に歌詞変えたりしますからどーなんですかね…。

ちなみに、自伝?「I ME MINE」には庭師直筆の歌詞原稿が掲載されているのです!
そこで当該ソングの歌詞を見てみたら。


sun

「feels "like" ice is slowly melting」っ て か い て あ る し コ レ。


庭師!
はっきりしろ!



※まあ"like"だとその後の「it seems like..」と被るので最終的に避けたのだと思いますけどね!

PageTop

追悼

今朝の新聞で吉田秀和大先生が亡くなったのを知った。
俺は彼の書いたものをそんなに読んでいるわけでもないのだが
中学生のころからFMのクラシック番組で
あの独特の飄々とした語り口で話しているのを
何度も聞いていたものです。
ラジオも当時ほど聞かなくなったけど
ほんの数ヶ月前に、ネットラジオで
(便利な世の中になったものだ。ノイズも乗らないし…)
久しぶりに御大の声を聞いて
「まだやっとんたんかこの人!?」
と驚いたのを覚えている。
享年98歳だったそうですねー。
忘れもしない、
http://tb2010.blog12.fc2.com/blog-date-201003.html
この演奏に出会ったのもこの人の番組だった。
(当時の録音まだ持ってます。)
我が家には2冊この人の本があって、うち「私の好きな曲」は長年の愛読書。
何度読んでも楽しい。昨日もブルックナーの第9の篇を読んだばかりだったのだ。

まあファンというわけでもなく、ただ知っているだけに近い人なのだが
少なくともこうやって書いてしまう程度には、
俺の人生にもかかわりのあるひとではあったということです。
私の好きな曲―吉田秀和コレクション (ちくま文庫)私の好きな曲―吉田秀和コレクション (ちくま文庫)
(2007/12/10)
吉田 秀和

商品詳細を見る

↑ちなみにうちにあるのは新潮文庫版。
音楽と音楽家 (岩波文庫 青 502-1)音楽と音楽家 (岩波文庫 青 502-1)
(1958/07/25)
シューマン

商品詳細を見る

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。